老後のための太陽光発電

一方、初年度に設備認定された、蛤・2円の案件について、私が個人ですべての土地に太陽光発電を設置することは、到底できないことです。そのため、私は、この案件を建設するにあたって、一般のお客様と共有したいと考えました。せっかくの案件ですから、案件の権利と土地をそっくりお客様に購入していただき、お客様に儲けていただきたいと思っているのです。

買い取り価格が娼・2円だと、別kWの設備であっても、毎月の売電収入は別万円以上の金額になります。これは平均の年金収入以上の金額になります。したがって、太陽光発電事業に投資された方は、残された老後の人生は本当に豊かなものになるのではないでしょうか。

こうした考えから、私どもは、この案件について、お客様とともにシェアしていくことにしました。

これまでは、粥・2円の案件については、以前からのお客様を対象に、販売させていただいてきました。私どもが手がけた住宅用太陽光発電のお客様、あるいはオール電化住宅用設備を購入していただいたお客様には、あらためて固定価格による余剰電力買取制度を通じで、その太陽光発電のメリットなどを理解していただいていますし、私どもとの信頼関係も密なものになっています。こうしたお客様を対象に、営業活動をほとんどすることがなく、追加という形で、全量買取の太陽光発電の案件をご購入していただきました。
参考サイト:太陽光発電メリット・デメリット

しかし、姶・2円の案件は、まだ手元に残っています。そこで、今までのお客様以外にも、これを商品として販売していく方針です。おそらく、娚・2円の案件を販売できるのは、私どもぐらいではないでしょうか。

離婚のことは誰に相談したほうが良い?

離婚を決断するまでには、さまざまな悩みや葛藤があると思います。離婚後のことを考えるだけでも、心を決めるまでには乗り越えるべきたくさんのハードルがあるでしょう。

でも、その一方で、ずっと一人で悩んでいるだけでは、ものごとは解決しないのです。結果的に離婚を選択しようとしまいと、人生の大きなターニングポイントをベストな判断で迎えるために、「人に相談する」ということも、ぜひ頭に入れておいてください。

弁護士

慰謝料請求や慰謝料減額請求など、法的に解決する必要がある問題を抱えている場合に、代理人となってくれます。

特に金銭問題は離婚のときに法的にしっかり解決しておかないと、後でトラブルになることが多いのです。離婚問題に強い弁護士に頼むことも大切ですが、デリケートな問題でもありますから、自分と相性のよい弁護士に依頼することが精神的にも負担が少ないと思います。

いきなり弁護士事務所の一扉を叩くことに抵抗がある、経済的な理由で蹟曙してしまう、という場合は、法務省管轄の公的な法人である『日本司法支援センター』(法テラス)も活用するとよいでしょう。無料相談もできます。

行政書士

離婚をすることや離婚条件に争いはないけれど、お互い決めたことを書面(離婚協議書や公正証書など)にしっかり残したいというときに依頼する、法的書類作成のプロです。合意した内容を法的に意味のある文書に整えてくれます。書類作成などで困ったときは相談しましょう。

離婚カウンセラー

弁護士、行政書士のような国家資格ではありませんが、夫婦関係のトラブル全般についてアドバイスをしてくれます。「離婚相談所」という看板を掲げるところもあるのではないでしょうか。

離婚したくない、夫婦関係を修復したい、うまく離婚したい、浮気相談など、相談内容は幅宏いです。
ただ、総合的にアドバイスをもらうにはいいのですが、カウンセラーの質には幅があるように感じます。弁護士と同様、自分と相性のいい人を選ぶ、という視点も大切です。また、慰謝料の相場や具体的な財産分与など、法的なことは弁護士に相談する必要があります。

ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナーは、顧客からお金に関する相談を受けてライフプランを立てたり、必要に応じたアドバイスを行う専門家です。頭文字を取って「FP(エフピー)」ともよばれます。

FPはライフプランに合わせた家計改善、投資、保険、税務、不動産、相続など、専門分野が多岐にわたりますが、住宅ローン専門の人もいますから、離婚による住宅ローンの借り換えなどの相談をするとよいでしょう。

シングルマザーのための機関

養育費のところで触れましたが、離婚による母子家庭のうち、父親が養育費を払っているのは約20%。シングルマザーは約120万人いるといわれています。仕事をしようにも、たった一人で子育てをしながら、十分な収入を得ることがどんなに難しいか。ときの政府は成長戦略の柱のひとつに「女性の活躍推進」などと掲げていますが、まだまだ、越えなくてはならないハードルは山のようにあるのが現状でしょう。